専門学校進学の希望をするパンヤーコンさん。将来自動車エンジニアを目指す。
パンヤコン、15歳、中学3年生、スリン県
2022年度高校向け奨学金(1年間)の応募者

 
 
専門学校進学の希望をするパンヤーコンさん。将来自動車エンジニアを目指す。
僕の名前はパンヤコン、ニックネームはネスです。母方の祖父母、叔父・叔母とその家族、僕の合計6人で暮らしています。両親は離婚して、母は仕事でプーケットにいます。コロナ禍で仕事が少なくなり、家への仕送りはありません。祖父は障がい者、祖母は高血圧の持病、新型コロナ感染症の病歴もあり、また脳卒中の後遺症で歩くのが不自由なため、杖を使う必要があります。叔父が主な働き手です。今年は私たち家族にとって災難な年でした。祖父母の二人が新型コロナ感染症に感染して、15日間入院しました。二人とも高齢、そしてワクチン未接種だったので、とても心配な状態でした。僕と叔母は幸運にも陰性だったので、退院後の自宅療養では祖父母の世話ができました。




前学期は、新型コロナ感染症が感染拡大していましたが、僕の学校は唯一、通学しての授業に対応していました。おかげでしっかりと学習できました。もし感染者が発生したら、そのクラスだけが閉鎖されます。僕はオンライン授業より学校で勉強する方が、より集中できるので好きです。中学3年生後期の成績は平均3.31(満点は4)でした。オンライン授業のみだった前期より成績が上がりました。とても嬉しく、誇りに思います

 


 
2022年はスリン高等専門学校で自動車エンジニアの勉強をしたいです。僕に適していると思うからです。かつては学校のサッカー選手に選抜されたりしてとても嬉しく将来サッカー選手になる夢がありましたが、能力不足で難しいと考えるようになりました。その後、自動車エンジニアを目指すことにしました。卒業したら自動車やバイクを修理するエンジニアになりたいです。収入で祖父母や家族を養いたいです。このような状況で夢を実現させるためにEDF奨学金に応募しました。頑張って卒業すると誓います。もし奨学金を受給できましたら、高等専門学校に進学します。よろしくお願い申し上げます。

 
Connect with EDF
The Education for Development Foundation(財)地域開発教育基金
50 K.U.A. Building 3rd Floor, Chatuchak, Bangkok, Thailand 10900 | +6625799209 to11
EDFは1994年には財務省から255号の税制優遇措置団体に認可されました。EDFへの寄付の領収書は所得金額から控除され、この分は所得税が課税されません。 © 2011 EDF Thailand